台湾料理
2016/01/27
今日の給食は「台湾料理」です。中学校のALTであるアンディ・ヤン先生のゆかりのある国ということで、今回は台湾料理に挑戦しました。
 まず紹介するのが「油条(ヨウティヤオ)」です。これは台湾風の揚げパンで、よく豆乳スープと一緒にだされ、油条をスープにひたして食べているようです。台湾の朝ごはんの定番である油条と豆乳スープを給食風にアレンジしています。台湾では油条は砂糖を使わず作られ、豆乳スープは豆乳に酢や塩味をつけたとてもシンプルな味付けです。
 つぎに紹介するのが、「豆花(ドウファ)」です。豆花は、豆乳で作られるプリンのようなデザートです。蒸し暑い台湾では、冷たいデザートが好まれているようです。豆花には、ピーナッツやいろいろなゼリーや寒天、甘く煮た豆などを添えて食べるそうです。今日は、豆花の代わりに豆乳プリンにしました。
 その他にも台湾料理として、トマトと卵の炒め物やきゅうりのサラダなどが給食に登場しました。
 今日の味はどうだったでしょうか?

フィンランド料理
2016/01/25
 今日から学校給食週間ということでいろいろな国の料理が給食に登場します。まずは「フィンランド料理」です。
 フィンランドの主食は、ライ麦パンや朝食のオートミール粥が食べられています。また、ブルーベリーなどのベリー類、ヨーグルトやサワークリームなどの乳製品が豊富です。 ベリー類は、ブルーベリースープ、ブルベリーパイ食べられたり、肉の添え物にジャムとして使われたりするなど味付けとしても使われています。
 今日は、主食としてライ麦パンの予定でしたが、悪天候のためご飯に変更いたしました。デザートとしてブルーベリーを使ったヨーグルトを出しています。
 代表的な食品として、サーモン(サケ)があります。オーブンで焼いたり、スープに入れたりしてよく食べられています。また、名物としてザリガニを塩ゆでして食べられているそうです。フィンランドでは毎年7月21日よりザリガニ漁が解禁になり、8月から9月にかけて家族・友人で集まり、ザリガニパーティがひらかれるようです。
 そのほかにも代表的な家庭料理として「カレリアンシチュー」があります。シチューですが、ルウ等はなく、塩とオールスパイスという調味料で味付けし、オーブンで 焼きながら煮込むのが特徴です。給食室でもスチームコンベクションという機器のオーブン機能を使って作りました。
 味はどうだったでしょうか?

あけましておめでとうございます。
2016/01/8
 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
 7日は七草粥、11日は鏡開きということで、春の七草を入れた雑煮にしました。 
 鏡開きでは、お供えしていた鏡もちを木槌などで小さく割り、1年間の無病息災を願って食べます。春の七草も同様に無病息災を願って食べられています。
 鏡もちは包丁などで切ってはいけません。これはもともと武家社会で始まった行事のため、切ることは縁起が悪いとされたからです。また、おめでたいときに「割る」などの言葉も縁起が悪いため「運を開く」とかけて「鏡開き」といわれるようになりました。
 それから、今日はおせち料理の1つ「黒豆」をつけました。おせち料理には無病息災、子孫繁栄などの意味が込められています。 
 黒豆には「黒々と日焼けするくらいまめに働けるよう健康でいられますように」という願いが込められています。
 ご家庭ではどうようなお正月を過ごされたでしょうか?

和食の日
2015/11/24
 本日11月24日が『和食の日』に制定されたことを知っていますか?
 11月24日は「いいにほんしょく」と読めることから、日本人の伝統的な食文化について見直し、和食文化の大切さを学ぶきっかけとなるように制定されました。

 ということで今日の給食は「和食」をテーマに考えました。和食は日本でとれる食材を使い、工夫し、作られた昔ながらの日本風の食事です。


和食にはたくさんのいいところがあります。
 1つ目は、様々な食材を使い、食材そのものの味を感じることができることです。
 日本は、南北に長く、海、山、川など豊かな自然に恵まれています。新鮮な食材を手に入れることができ、地域に根差した様々な食材を楽しむことができます。また、春夏秋冬の季節があり、季節ごとの料理を楽しむことができます。

 2つ目は、栄養バランスがよいことです。
 日本食の形式として、右の図のようなご飯、汁ものを中心とし、おかずをそろえた「一汁三菜」があります。これは世界的にも注目されており、理想の栄養バランスといわれています。和食は、日本の長寿、肥満防止に役立っています。

 3つ目は、行事との関わりが深いことです。
 正月のおせちやこどもの日のちまきなど行事ごとに料理がならび、楽しみの1つとなっています。


 今日はいつもの煮干しを使っただしではなく、かつおと昆布でだしをとりました。
「おいしい」だけでなく「においがいい」「味がしっかりしている」など大人顔負けのコメントがでてきました。


 普段から煮干しやしいたけなどの天然だしをつかっていますが、今回のように昆布やかつおなど様々なだしを使い分け、給食が一層おいしくなるよう工夫していきたいと思います。


防災献立
2015/11/16
今日は、小中合同防災訓練があるということで、給食も実際に被災した場合を想定して、防災献立にしました。
被災地では、水をたくさん使うことができません。防災献立は、水を使わないようお皿をなくしたり、献立内容を考えたりしました。実際の被災地では、ビニール袋を皿として使ったり、お皿にラップをまいたりして使用するなど工夫をしているようです。
 日頃の給食と違い、子どもたちはお皿がないということで戸惑っていました。防災の意識を高めるとともにあたり前に食べられることのありがたさを改めて感じたようです。


目の愛護デー献立
2015/10/9
 10月10日は「目の愛護デー」です。
 10が2つ並んで目に見えることから設定されました。
 給食では、目の愛護デーにちなんで目によい食べ物を中心に献立を考えました。
 目の健康のために重要な栄養の1つとして、ビタミンAがあります。
 ビタミンAは、給食に使われているにんじんやかぼちゃ、ほうれん草、鶏肉、ブルーベリーなどに多く含まれています。
 ビタミンAは、目やのど、鼻などの粘膜を強くしてくれます。また、肌をきれにいにしたり、骨や歯の成長にも関わってきます。足りなくなると風邪をひきやすくなったり、目が乾燥したり、肌がかさかさになったり、暗い所で目が見えにくくなったりします。
 
 ただ、食べ過ぎはよくないので、いろいろな食べ物を食べて健康に元気に過ごしましょう!

イギリス料理
2015/9/30
6月・7月の世界の料理に引き続き、今日は、「イギリス」の料理を給食で取り入れています。
イギリスは、光市出身の伊藤博文を含む幕末の長州藩士5人が1863年に海外渡航に挑戦した国です。
そして昨年、長州藩士5人にならって光市の中学生で「ひかり“夢大使”」が結成され、イギリスの首都ロンドンでの、現地研修に参加(か)しました。
また、今年の夏休みには「世界スカウトジャンボリー」が山口県で開催され、イギリスのみなさんが私たちの住む光市を訪問され、様々なプログラムで、交流を深めました。
そこで、食を通して、イギリスの文化に触れてほしいと思い、9月30日の給食に、イギリス料理を取り入れました。

給食に登場したイギリス献立の紹介をしたいと思います。

まずは、イギリス食パンです。
 一般的な食パンとの大きな違いは、「形」です。
食パンは箱型の型に入れ、ふたを閉めて作ります。イギリス食パンはふたを閉めずに作るため、山形の食パンになります。ふたをしめないため、やわらかくパンがやわらかくなっています。

次に、フィッシュアンドチップスです
イギリスの料理として1番にあげられるのがフィッシュアンドチップスです。
 昔から宗教上の関係で金曜日にお肉を食べられないこともあり(現在はその文化が薄れている)、「フィッシュアンドチップスは金曜日の料理」と言われるほど食べられています。イギリスでは、モルトビネガー(酢)や塩、ソースなどを付けて食べられているようです。 給食では塩、こしょうで味付けをしています。

続いて、野菜のオニオンソースがけです
 イギリスのことわざに「1日の1個のたまねぎは医者を遠ざける」とあるほどたまねぎが愛されています。
給食では、たまねぎとともに砂糖、酢、塩、こしょうでオリジナルソースを作りました。

最後に牛肉の黒ビール煮です
イギリスの伝統的なビールの1つに「スタウト」(黒ビール)があります。一般的なビールと違い、今日は隠し味として使われています。フィッシュアンドチップスを作る際に衣に黒ビールが使われることもあります。
給食では、黒ビールは普通のビールに比べコクが深いため、ケチャップ、ウスターソース、コンソメ、塩こしょうなどと一緒に味付けをしました。


各ご家庭にイギリス料理の資料を配布いたしましたので、お子様と一緒に読んでいただけたらと思います。


大豆から様々な食品!!
2015/09/18
 豆腐はなにから作られるか知っていますか?
 
 知ってのとおり、豆腐は大豆からできています。
 まず、「大豆」から「豆乳」「おから」ができ、豆乳をかためて「豆腐」が作られます。また、豆乳を温めることで「ゆば」を作ることもできます。
 豆乳は牛乳とよく似ていますが、元となるものは全く違います。牛乳は、牛の乳をしぼったものですが、豆乳は植物の大豆から作られています。
 他にも、しょうゆやみそ、納豆、きなこ、油揚げなど大豆を原料とする食品は、身の回りにたくさんあります。生活に欠かせない大豆製品を味わって食べてください!
 

ブロッコリーについて
2015/09/14
今日は、ブロッコリーについて紹介したいと思います。 大根やさつまいもなどは根を食べています。また、ほうれん草やキャベツなどは葉を食べています。

 では、ブロッコリーはどの部分を食べているのでしょうか? 

⇒ 正解は「花のつぼみ」です。

 ブロッコリーは、体を丈夫にし、風邪をひきにくくする効果のあるカロチンやビタミンCを豊富に含みます。さらに、不足しがちな鉄分やカルシウムも十分とれるなど、健康野菜です。また、ブロッコリースプラウトを知っていますか?ブロッコリースプラウトは見た目はかいわれ大根みたいですが、じつは、ブロッコリーの新芽です。かいわれ大根より辛みが少なく、食べやすいので、スーパーなどで機会があれば買ってみてください。

 今日のあんかけ焼きそばは、いままでのように釜で炒めるのではなく、スチームコンベクションオーブンという機器を使って蒸し焼きを活用して作りました。もう少し焼き色を付けたかったのですが、焦げすぎる前に調理を終了しました。
 魚を焼いたり、蒸し物を蒸したりする程度しか使っていなかったので、今後はスチームコンベクションオーブンを使いこなせるよう少しずつ活用方法を増やしていきたいと思います。

韓国料理 ビビンバ わかめスープについて
2015/09/08
今日の献立は韓国料理の1つビビンバです。
 ビビンバは、焼肉屋さんで食べたことがあると思います。ご飯にナムルや焼いた肉などをのせ、コチュジャンなどの調味料で味付けをして食べる韓国の混ぜご飯です。日本語にすると「ビビン」=「混ぜる」、「バ」=「ご飯」という意味になります。
 農村で仕事をする時、いろいろなおかずと野菜の和え物・コチュジャンなどを残らず入れ、かき混ぜて食べたことがビビンバができた由来の1つです。
 また、韓国では、わかめスープをお祝い事で食べています。誕生日や合格祝い、出産祝いに出されています。しかし、ツルツルとしたわかめには「受験にすべる」イメージがあり、受験の前の日などには食べないようにしているようです。
 いろいろな国の料理をこれからも出していきたいと思います。

前ページTOPページ次ページHOMEページ
- Topics Board - Skin by Web Studio Ciel