活用のある授業
〜自ら学び続ける子どもを育てる〜
小中連携教育の試み



山口大学教育学部附属光小学校・中学校 著

 T 理論編

 1 「活用のある授業」

 2 「活用のある授業」と「活用のツボ」

 3 小学校・中学校を貫く「活用のツボ」

 U 実践編

 国語科

  思考の文脈をつくる対話で,「活用のある授業」をつくる

 社会科

  立場を明確にして社会的事象をとらえる活動で,「活用のある授業」をつくる

 算数・数学科

  算数・数学の「ひらめき」の根拠を探り合う活動で,「活用のある授業」をつくる

 理科

  科学的な根拠を求める活動で,「活用のある授業」をつくる

 生活科

  気付きのつながりを見出す活動で,「活用のある授業」をつくる

 音楽科

  音楽の要素に新たな関連を見出す活動で,「活用のある授業」をつくる

 図画工作・美術科

  見方や感じ方を交流する活動で,「活用のある授業」をつくる

 家庭・技術家庭科

  実生活への「役立ち感」を吟味する活動で,「活用のある授業」をつくる

 体育・保健体育科

  動きを言語で価値付ける活動で,「活用のある授業」をつくる

 外国語活動・英語科

  必要な言語材料や表現技能を子ども自らが求める活動で,
                              「活用のある授業」をつくる

 道徳

  資料の状況を豊かに想像する活動で,「活用のある授業」をつくる

 総合的な学習の時間

  互いの思いや願いを「共鳴し合う」活動で,「活用のある授業」をつくる