転移のきく学力
−発見や創造にせまるために−
T たしかな学習の成立と学習のし方

 一 教育における今日的課題
  1 教育の革新と現場実践
  2 転移力をめざす教育

 二 学習のし方と転移のきく学力
  1 たしかな学習のもつ二面性
  2 学習のし方の学習
  3 学習のし方への習熟
  4 転移のきく学力
  
U 転移のきく学力

 一 一をきいて十を知る
  1 これからの学力
  2 学習のし方を身につける

 二 転移のきく学力の構造
  1 基礎的学習態度を身につける学習のし方
  2 学習の手順や方法を身につける学習のし方
  3 発見や創造にせまる学習のし方

 三 転移する学力を身につけた子ども
  1 学習のスタミナをもつ子
  2 授業における転移の姿

V 転移のきく学力の形成

 一 基礎的学習態度を身につける学習のし方
  国語  意欲をもって読みとる学習のし方
  家庭  生活への実践をめざす学習のし方

 二 学習の手順や方法を身につける学習のし方
  社会  事実認識を深める学習のし方
  算数  見方・考え方を育てる学習のし方
  理科  科学の方法を身につける学習のし方
  体育  ルールを生み出す学習のし方

 三 発見や創造にせまる学習のし方
  図工  新たな造形活動を促す学習のし方
  国語  意欲をもって読みとる学習のし方
  社会  事実認識を深める学習のし方
  算数  発展性のある見方・考え方を育てる学習のし方
  音楽  創造的表現にせまる学習のし方
  理科  科学の方法を身につける学習のし方
  道徳  道徳的自覚を深める学習のし方

 四 教科の特性に応じた学習のし方

W 二十一世紀にこたえる教育
 一 わかる喜びから探究するよろこびへ
 二 *********
 三 生涯を通じて役立つ学習
 四 自ら求めて学びとる子ども