学びとる力を育てる

T 学びとる力

 一 学びとる力とは何か

 二 学習のし方への習熟−研究の推移−
  1 わかっていくことの追求
  2 たしかな学習の成立
  3 転移のきく学力の形成
  4 学習のし方の見直し

 三 学びとる力を育てる
  1 学習の構えや習慣を身につける
  2 学習の手順や方法を身につける
  3 発見や創造の過程を身につける

U 学びとる力の開発

 一 発見や創造の過程を身につける学習のし方
  1 発見や創造する力のしくみ
  2 「発見や創造する力」を育てる学習のし方
  3 学習のし方への習熟

 二 基本的事項の精選
  1 内容の質的精選と構造化
  2 教材の中核と基本的事項

 三 発見や創造性を培う授業の組織化
  1 授業の組織化の必要性
  2 授業組織化の立場

 四 授業における診断的指導
  1 診断的指導のしくみ
  2 診断的指導の姿

 五 まとめ −『学びとる力』を育てる授業のために

V 学びとる力を育てる授業実践

 国語●国語で思考し創造する学習のし方

 社会●歴史認識を深める学習のし方

 算数●柔軟な思考力を育てる学習のし方

 理科●自然を探究する学習のし方

 音楽●表現方法を生みだしていく学習のし方

 図工●新たな気づきをうながす学習のし方

 家庭●生活への実践力を高める学習のし方

 体育●活動力あふれたからだをつくる学習のし方

 道徳●道徳的自覚を深める学習のし方

W 研究のまとめ