=子どもが発揮する

  「学びのマネジメント力」= 



目    次

巻頭言(山口大学学長 広中平祐)

はじめに

1章 今,なぜ「学びのマネジメント力」か

 1 生き方と「学びのマネジメン力」

 2 「学びのマネジメント力」を発揮する,21世紀型授業

2章 「学びのマネジメント力」を発揮する教科・道徳の授業

 理論編

 1 子どもが「学びのマネジメント力」を発揮する授業

  〜その三つのパターン〜

 2 学びの交叉がある授業

 3 学びの転換がある授業

 4 学びの結節がある授業

 実践編

 国語科 「スタジオ」で、生きて働く言葉を獲得する

     (3実践事例)

 社会科 「対比型プレゼン学習」で広げる,社会を見る目

     (2実践事例)

 算数科 「生活の算数化&算数の生活化」を通して,数理を実感する

     (3実践事例)

 理 科 「○○マスター」をめざして,自然事象を探る

     (2実践事例)

 生活科 「○○ひろば」から広がる新たな生活

     (1実践事例)

 音楽科 「音の背景」を見つめ,自分らしさのある表現をつくる

     (3実践事例)

 図工科 造形環境と思いをアレンジしながら,新たな表現を拓いていく

     (3実践事例)

 家庭科 「みえるもの」「みえないもの」で,家庭生活をコーディネート

     (2実践事例)

 体育科 運動へのかかわりを深め,楽しみ方のスタイルを広げる

     (3実践事例)

 道 徳 「○○になって,解決策づくり」方式で,自分の生き方をつくる

    (2実践事例)

3章 人・自然・社会とのかかわりの中で

   「学びのマネジメント力」がより生きる総合的な学習の時間

 理論編

 1 学びのマネジメント力は総合的な学習の時間の中でより生きる

 2 「しおさい」に求められる教師の調整力

 3 「しおさい」のカリキュラム

 実践編

 4実践事例

おわりに