国語科トピックス 住江めぐみ
「クイズでおしえます」
2018/12/05
 国語科で,「クイズでおしえます」の学習をしています。相手の好きな食べ物や宝物などについて質問をして当てていくクイズです。質問の回数を決まっているので,どのようなことを質問するか,考えながら取り組んでいます。先日の授業では,食べ物を当てるときにつかった質問が,宝物を当てるときには役に立たないこともあるということに気付く子どもの姿が見られました。クイズは,子どもたちが大好きな活動ですが,聞く力,話す力が付くように,方法を工夫していきたいと思います。

おもしろさ100ばい!よみきかせマン!
2018/11/05
 国語科で,附小祭に合わせて絵本の読み聞かせの練習をしています。相手意識をもって音読したり,物語の面白いところを捉え,それを音読で表したりすることができるようになってほしいという願いの基で行っています。読み聞かせる相手が幼児ということで,子どもたちは,最後まで楽しんでもらうための工夫も考えています。一緒に声を出してもらったり,振り付けを付けて読み聞かせたりすることなどです。「物語のおもしろさが100倍になるように」を合言葉に練習に励んでいますので,附小祭にぜひお越しください。

「おおきなかぶ」
2018/10/12
3週間に及ぶ後期教育実習が終わりました。国語科では,4人の実習生が,「おおきなかぶ」の授業をしました。手作りの挿絵を使って,登場人物の順序を確認したり,お面を付けて,みんなで音読をしたりと,毎回楽しい授業でした。子どもたちは,特に音読が大好きで,何度も読んでいるうちに覚えてしまった子もいるほどです。子どもにとって,魅力のある作品であることを,実習生も感じたことと思います。実習生が大学に戻っても,みんなで音読を楽しみたいと思います。

かぞえうた
2018/09/11
 国語科の時間に,教科書に載っていた「かぞえうた」を真似て,一人一人が「かぞえうた」をつくりました。一つ紹介します。

 一つ ひもを 一ぽん ひっぱる
 二つ ふとんを 二まい ひく
 三つ みかづき 三かい みる
 四つ よなかに 四かい めがさめる
 五つ いしを 五こ あつめる
 六つ むしを 六ぴき つかまえる
 七つ なしを 七こ たべる
 八つ やまのうえに 八かい のぼる
 九つ ココアを 九はい のむ
 十 とろろを 十ぱい おかわりする
 
 どのようなきまりに沿った「かぞえうた」になっているのかを,教科書から見付け,それを基につくることができていました。一人一人が違ったものになっており,とても楽しく読みました。9月からも,いろいろなことを書く経験ができるよう,工夫していきたいと思います。

うみのかくれんぼ
2018/07/02
 6月29日の研究発表大会に,たくさんの先生方に来ていただきました。ありがとうございました。
 今回は,「うみのかくれんぼ」を教材にして,自分たちのかくれんぼと,海の生物のかくれんぼとを比較しながら読んでいきました。比較することで,かくれんぼの様子について,イメージを膨らませる子どもの姿が見られました。文の役割にもふれたかったのですが,手立てが十分ではなく,課題が残りました。この課題を今後の研究を通して,克服していきたいと思います。
 1年生の子どもたちは,小集団で集まって話し合うことが随分と上手になっています。「だれから言う?」「同じ意見!」と自分たちで進めたり,意見を比べたりする姿を見ると,成長を感じるとともにますます頑張ろうという気持ちになります。さらに素晴らしい子どもたちの姿を見ていただけるよう,今後も励んでまいります。ありがとうございました。

「にくをくわえたいぬ」
2018/05/30
 国語科で,「にくをくわえたいぬ」の授業を行いました。物語の中で,2回でてくる犬の鳴き声の「わん」を」どのように音読するのかについての学習です。音読は,自分の声を自分で聞きながら,内容や感じ方などを把握することができるとされています。子どもたちは,犬になりきって,何度も「わん」と読んでいました。1回目の「わん」は,大きな声で怖そうに読み,2回目の「わん」はがっかりしたように読む姿が見られました。友達の読み方も楽しそうに聞いたり,真似してみたりしていました。今日は会話文でしたが,地の文も工夫して読めるようになってほしいと思います。
 今は毎日,詩集「ひばり」を読んだり,発声練習をしたりしています。声を出すのが大好きで,意欲的に取り組んでいる子どもたちです。たくさんの詩やお話を,これからも声に出して読んでいきます。

おはなしをつくろう
2018/04/24
 本年度は,1年生の担任をさせていただくことになりました。子どもたちが,楽しく学校に来れるように,授業を充実させていきたいと思います。
 今,国語科の時間に,絵を見てお話をつくる学習をしています。はじめは,「桜がさいています」「女の子が,花をつんでいます」のような短いお話だったのですが,「ピンク色の服を着た女の子が,花をたくさんつんで,花飾りをつくっています」のように,長いお話をつくって発表する子が増えてきました。絵の様子をよく見て,どのような言葉で表現すればよいのか,しっかりと考えている姿に感心しています。また,隣の席の友達と,相談してお話をつくることもできています。
 子どもたちは,とても素直で,よいことをすぐに自分もやってみようとします。授業でも,褒めたり価値付けたりすることを行い,よい学びを学級みんなで共有できるようにしたいと思っています。
 

自由な発想で‐随筆‐
2018/03/26
 小学校最後の書くことの単元は,随筆に取り組みました。新聞の投書を読み,それらのよさを見付け,生かしながら自分たちも投書に挑戦しました。授業では,自分の書く題材について,柱文を友達と交流する場を設けました。同じお題に対しても,友達とは見方や感じ方が異なっていることがあり,楽しそうに交流する姿が見られました。読み手になる友達に,自分の見方や感じ方について興味をもってもらった子どもたちは,文章を書くことにも意欲的に向かっていきました。読み手の反応の大切さを学びました。子どもたちが書いた文章は,面白いものばかりで,この1年間の子どもたちとの思い出として,大切に記録させてもらっています。
 文章を書くことが大好きな子どもたちでした。しーんとした教室の中で,鉛筆の音だけが聞こえる時間が,私は大好きでした。子どもたちのこと,この1年間のこと,ずっと忘れません。

「たぬきの糸車」
2018/03/19
 1年生と国語科の学習をする機会をいただき,「たぬきの糸車」の授業を行いました。叙述には書かれていないたぬきの気もちをせりふにした表し,自分なりの語りにして,6年生に聞いてもらうことにしました。
 1年生は,自分たちが物語を語ることで,そのお話を知らない人にも知ってもらえると,わくわくしていましたが,はじめは,不安の方が大きかったようです。たぬきの気持ちを読み深め,せりふをつくっていくうちに不安も減り,6年生のところに語りに行くときには,自信が出てきていました。
 1年生の語りを聞いた6年生は,「たぬきの気持ちを想像しているすばらしね」「〜〜というせりふに,たぬきの〜〜という気持ちが表れていたね」などと,感想を伝えてあげていました。
 頑張る1年生の表情,やさしく見守る6年生の表情を見ることができました。

論語×カウントダウンカレンダー
2018/02/13
 国語科の時間に「論語」の学習をしました。何度も音読しながら,言葉のリズムや意味をとらえたあと,論語のような言葉遣いで,卒業までのカウントダウンカレンダーのメッセージを書きました。論語は,孔子やその弟子たちが語った言葉です。子どもたちも,まずは,伝えたいことを考えました。そして,それを論語のような言葉遣いにしていきました。読んでみて,リズムがよいかも確かめて。自分が満足のいくものができたようです。朝の会で,カウントダウンをしながら発表しています。卒業までの日々が少なくなってきたことを,しみじみと感じながら聞く姿が見られています。

前ページTOPページ次ページHOMEページ
- Topics Board - Skin by Web Studio Ciel