「キャッチスローゲーム」を経験した子どもが学んだことは何か?
2017/03/03
 「生涯スポーツ」を軸に,体育部の研究を進めてきました。低学年からネット型スポーツを経験し,その楽しさを感じることができた子どもたちには,どのような資質・能力が身についているのか?臨床研究を進めました。
 写真でお示ししているのは,本単元で,2の1の子どもが見出した「攻め方のコツ」です。得点するためには,とにかくネットを越える球を相手コートに投げ入れなければならない。そこで,ねらったところに球を投げ入れるために必要な技能を見出しました。
 次に,作戦です。大きく分けて,子どもは4つの効果的な攻め方(作戦)を見出しました。@投げ入れる球の高さ,A守備位置,Bねらう場所,C連携プレーです。
ゲームを始めた頃の子どもは,捕ったり投げたりする動きが楽しかったので,何も考えずに球を相手コートに投げ入れていました。しかし,相手の技能が向上すると,それでは得点できないということに気付きます。そこで,作戦を立てて攻める必要感が生まれたわけです。
 特に興味深かったのは,4つ目の「連携プレー」です。当初,コート後衛からでは,ねらったところに球を投げ入れられない状況を打開するために生まれたアイデアでした。何度もパス攻撃を試していく中で,子どもの心に「なんか,仲間と協力してプレーするのって,楽しいぞ!」という新たな価値観が生まれてきました。さらに,パスを生かせば,「だまし攻撃」にもなることを子どもは見つけました。
 本単元の最後のワークシートの振り返りの中で,こんなことを書いている子どもがいました。「はじめてネットをつかったゲームをしたけれど,とても楽しかったです。バレーボールやテニスなど,ほかのネットゲームがあることを知りました。これらも,やってみたいです。」
 この実践を通じて,子どものスポーツに対する世界観が広がってくれたら嬉しいなと思います。今後は,「する・みる・支える・知る」の中から,自分に合う形でスポーツとかかわり,豊かなスポーツライフの実現に向けて歩んでいってほしいなあと思っています。

低学年からネット型ゲームに取り組むよさとは?
2017/02/01
附小体育部では,「生涯スポーツ」をキーワードに,研究を進めています。その具体的な取り組みが,低学年から取り組む,ネット型ゲーム「キャッチスローゲーム」です。
ネットを挟んで,相手と球を投げ合う楽しさを味わった子どもたちは,夢中になって球を投げ合っています。最近では,パスを用いて攻めるチームが増えてきました。
子どもたちだけの力で,審判,得点係,支柱支えなど,ゲーム運営を行っています。
「コート後衛から球が届かない場合でも,仲間にパスをして投げてもらえば,ねらったところに球を投げ入れられる!」「パスを効果的に使えば,「だまし作戦」にもなる!」「コート内で仲間と一緒にプレーしていることが楽しい!」子どもたちの発表です。
低学年からネット型スポーツの楽しさを味わうことで,豊かなスポーツライフの実現のための第一歩となるのではないかと考えています。低学年からのネット型ゲーム,おすすめです!

附属山口小学校の2年1組と交流しました
2016/12/16
 12月8日(木),附属山口小学校2年1組と交流学習を行いました。両校の2年1組担任は共に体育科担当教員なので,体育の授業(リレー遊び)で交流しました。
 両校の児童が一緒になってチームをつくり,障害物を走り越えるリレー遊びを行いました。両クラスとも,走・跳の運動遊びに意欲的に取り組んでいるため,走るのが速いです!特にすごいなぁと思ったのが,多くの児童が,障害物を走り越えるときの動きが,ハードルを走り越える動きに近づいていたことです。障害物を低く速く走り越えていました。
 交流会の始めに行ったチームごとの自己紹介,リレー遊び前の作戦タイム,チームの応援…子どもたちは,あっという間に仲良しになっていきました。リレー遊びの後には,喜びや悔しさを分かち合える「友達」になっていました。
 今回の交流会を通じて,改めて「体育」のすばらしさを実感することができました。共に話合い,運動することで,よりよい関係を築いていった子どもたちの姿を見て,心から,そう思いました。
 附属光小学校の2年1組の子どもにとって,実りの多い交流会でした。附属山口小学校2年1組の児童の皆さん,有田先生,本当にありがとうございました。
 

長距離を走る楽しさって,なんだろう?
2016/11/10
11月14日(月),本校の持久走大会が行われます。大会本番に向けて,子どもたちは体育の授業やグリーンタイムに練習に取り組んでいます。写真は,グリーンタイムの練習風景です。
長距離走の授業1回目のとき,私が担当している2年生の子どもに,「長い距離を走るのは好き?」と聞きました。好きと嫌いが半分ずつでした。嫌いだと答えた子どもは,理由の一つに「順位」を挙げました。
そこで,自分にとって,「無理のない速さでのかけ足を2〜3分程度続ける」ことのできる走り方を探ることから始めました。
子どもは,いろいろ試す中で,自分に合う走るスピードや息の仕方を探っていきました。そして,その見付けた走り方を,持久走大会の試走で試していきました。
練習当初,自分と友達を比べて,速い・遅いを比べていた子どもたちもいました。毎回の授業の後,自分の走りのよかった点を振り返っていく中で,子どもは,めあてを持って走ることの楽しさや,やりがいを見出していくようになりました。昼休みに,友達と声を掛け合い,進んで運動場を走る子どもも出てきました。
無理のない速さで長距離を走ると,心も体もリフレッシュすることができます。体力の向上にもつながります。これからも,子ども一人ひとりが自分に合う走り方を見付け,走ることの楽しさを味わうことができたらなと思います。それが,将来的に,豊かなスポーツライフの実現につながっていくことができれば,うれしいなと思っています。

教生先生の授業は楽しいな
2016/10/14
ただ今,後期教育実習の真っ最中です。我が2年1組にも,3人の教生が来てくれています。子どもたちは,教生先生が大好きで,授業中はもちろん,休み時間も教生と一緒に,元気いっぱいに過ごしています。
体育の実地授業では,体つくり運動を行っています。「ボールおしずもう」や「めざせ!バランスマスター」の授業を行いました。算数の実地授業では,五の段の九九を遊びながら覚えられるようにと,「5のだんカルタ」ゲームをつくってくれました。
私自身,教生から多くのことを学ばせていただく日々です。全力で授業の準備をし,休み時間は力いっぱい子どもと遊ぶ。本当に,素敵な教生3人です。

授業について語り合う会in光(体育講座)
2016/09/09
8月10日(水),本校にて,授業について語り合う会in光を開催いたしました。体育講座では,『仲間と課題を解決する楽しさを味わわせるための工夫』について,参会者の皆様と語り合いました。具体的には,@ゲームづくりやルールの工夫,A課題解決の方向性を明確にする状況や場の工夫,B互いの動きを見るときの工夫,の三つを提案させていただき,それぞれを参会者の皆様に体験していただきました。参会者の先生から,「今日のアイデアを,9月からの授業で試してみたい」というお言葉をいただくことができました。とても楽しく,有意義な時間となりました。大変勉強になりました。ありがとうございました。

教生先生と過ごした2週間
2016/06/19
5月30日から6月10日まで,教育実習が行われました。2年1組の教生は,みな熱心でした。子どものために,面白い授業をしようと毎晩遅くまで教材研究に取り組んでいました。そんな一生懸命な教生先生のことが大好きな2年1組の子どもたち!授業が終わると,みんな教生先生と一緒に元気よく外に遊びに行ってしまいました。教生先生方の,一生懸命な姿から,子どもたちも,一生懸命頑張ることの大切さを学んでいました。
実習後,教生から手紙が届きました。手紙には,「2年1組の子どもたちと出会い,教師になろうという夢が確固たるものになりました。」と書かれていました。
さて,教育実習が終わり,次は7月1日の研究発表大会に向けて,いつも以上に子どもたちは,熱い思いで体育の授業に取り組んでいます。自分や友だちの動きのよさを意識して,意欲的に運動に取り組んでいます!

いろいろなうごきにちょうせんしよう!
2016/05/20
体つくり運動や,鉄棒遊びで,いろいろな動きに挑戦しています。複数の友達と一緒に同じ動きをしたり,タイミングをそろえたり,複数の動きを組み合わせたり・・・子どもたちの工夫には,あっと驚かされるものばかりです。お互いの考えた運動遊びを発表し合い,友達の動きの工夫を見合いました。子どもは,それらを自分の動きに取り入れ,動きをさらに面白いものへと変えていき,様々な動きを楽しんでいました。

2年生の子どもたちと共に,頑張ります!
2016/04/15
28年度,2年1組の担任をさせていただきます,川上典剛です。昨年度に引き続き,2年生の担任をさせていただきます。よろしくお願いいたします。

2年生の体育では,運動遊びを通じて,仲間と共に運動する楽しさや喜びを味わうことをねらいとしています。また,各運動領域における基礎的な技能を,遊びを通じて身に付けていく大切な時期です。
体育が大好きな子どもを育てることができるよう,精一杯頑張ります。今年度も,よろしくお願いいたします。

本当に楽しい一年間でした!
2016/03/31
3月30日のお別れ式の後,みんなで外遊びをする時間がありました。たくさんの子どもたちが,「先生,おにごっこやろうよ!」と声を掛けてくれました。そこに集まったのはたくさんのこどもたちでした。
この一年間,体育科担当として,体育の授業間もちろんのこと,休み時間はできる限り子どもと外遊びをしました。4月当初,自分から友だちを誘えず,教室にいた子どもも,今では互いに声を掛け合い,元気いっぱいに遊んでいます。そんな子どもの成長に,心が温かくなりました。
運動や遊びを通して,子どもたちは,元気な身体をつくったり,体力を向上させたりすることができます。加えて,豊かな心を育み,友だちとの仲を深めることもできます。私も2年2組の子どもも,体育が大好きです!
本当に楽しい1年間でした。子どもと共に学び,遊び,時には涙を流しながら「命」の大切さを考えた1年間でした。2組のみなさん,そして,保護者の皆様,すばらしい一年間をありがとうございました。2年2組の担任をさせていただき,本当に幸せな一年間でした。


前ページTOPページ次ページHOMEページ
- Topics Board - Skin by Web Studio Ciel